合縁奇縁なり

妾の日常

書籍 死ねばいいのに


f:id:terra510n9k:20220915204101j:imagef:id:terra510n9k:20220915204121j:image
とりあえず何とか読み終えたけど

何でこんなに高評価なんだろ🤔

確かに「京極夏彦」氏は大物だろう

でもこの作品は好き嫌いが

別れる作品だと思う…

大物先生だから

全て素晴らしい作品を

書くとは限らない…

さらっと読ませる技術はある

でも結局「胸糞作品」で

ケンヤがムカつく(苦笑)

幸せだぁと感じたその日に

死にたい気持ちが分かるので

特に何なの?って作品だったかな

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ