合縁奇縁なり

妾の日常

書籍 黒医


f:id:terra510n9k:20220630172749j:imagef:id:terra510n9k:20220630172810j:imagef:id:terra510n9k:20220630172820j:image
久坂部羊氏のデビュー作が

「廃用身」であることに
とにかく驚いた👀‼️

個人的に

1番素晴らしい作品が

デビュー作品だなんて👏👏

医学部卒業で

作家の才能もあるなんて

凄いとしか言いようがない

👏

「廃用身」は何度も読み返している📚️

 

麻痺した部分が

体から切り離された時…

その時…一瞬で

「麻痺から解放される」

この作品で麻痺した部分は

本当に必要なのかを

深く考えさせられた…

そして医学を

勉強したからこその

視点と詳細な内容に

目が離せなかった📚️

 

この「黒医」

短編集の中でも

「ロート症」

「のぞき穴」は

医学を勉強した人

じゃなきゃ描けない

描写だと思った…

 

しかし久坂部羊氏は

やっぱり長編の大作を

書いて欲しいなぁ📚️

 

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ