合縁奇縁なり

妾の日常

書籍 模倣犯


f:id:terra510n9k:20220528171518j:image

私が読んだ時はこの厚さでした📚️

それを2日で読んだ記憶があります👀

もろ寝不足になる本です(笑)

先が気になって眠れない…

この「模倣犯

本は本当に素晴らしいです

宮部みゆき氏のファンで

たくさんの作品を読んできましたが

リアルな日常の怖さを感じて

昼間に部屋で読みながら

玄関のドアの鍵をチェックに

行った覚えがあります(苦笑)

そして、しばらくの間

原付バイクが怖くて

仕方ない時期がありました

何気ない日常の

ありふれた風景描写は

まるで現実の様に感じました

読んでいて背筋がゾッとする…

男性2人組が怖い…

誘拐とは…

あんな感じで…

たまたま運悪く…

そこを通っただけ…

たまたま犯人の

目に止まったただけで

されるものなんじゃないかと

いろいろと考えがめぐりました…

 

被害者は何故、

何のために生まれたのか?

ただ生きていただけなのに

面白半分の犯人の目に止まった

それだけで、あんなに酷い目に…

先が気になって眠れぬ本です📚️

今は単行本も出ている様なので

まだ読まれてない方は

是非とも読んで欲しい作品です📚️

これがフィクションとは思えぬ

「何気ない日常」

益々この作品に対する

「恐怖」を煽っている…

おぞましい事件は

何気ない日常に潜んでいて

自分には起こるはずがないと

どこかで強く思っている自分

正常性バイアス」と言って

自分は大丈夫と思い込む

脳の力が人間にはあるので

油断してはいけない

この本を読んで強く思ったのを

また思い出している📚️

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ja.wikipedia.org