合縁奇縁なり

妾の日常

テッド・バンディ 連続殺人犯を愛した女

f:id:terra510n9k:20210829181834j:image

テッド・バンディの

長年の恋人だった

エリザベス・ケンドールと

その娘のモリーが登場。

 

何故気づかなかったのか?

ではなく、何となくおかしい

と感じていて彼と距離をとられる…

 

テッドに対して疑いを深めていく…

でもまさか、自分の恋人が

「人を殺したいと言う欲求に苦悩」

しているとは普通の人は考えない。

 

いたって普通の女性であり、

連続殺人が起こり始めて…

悩んだ末に警察に通報し、

事情聴取まで受けるも、

 

またもや無能な警察が

話をきちんと聞かないと言う😩

 

糞みたいな警察連中、

特に男尊女卑が強く描かれていて

胸糞が悪くなります。

 

そして、

テッド・バンディから暴行を受け

そこから生還した女性達のインタビュー

何故彼女達が語りたがらないのか…

それは犠牲者と言うレッテルを

貼られたくないから…

ただ普通に生きたい、過ごしたい。

ただそれだけで酷く残虐な事を

黙っていた…私は悲しすぎて涙が出た。

 

酷い事をされ、

酷い後遺症がある人が多いです。

脳のダメージや膀胱破裂など…

 

 

正しくテッド・バンディは

この世に間違って生まれた

悪魔である事は間違いありません。

 

簡単に人を殺す悪魔。

それも狙われた女性は

全て似た特徴を持つ女性ばかりでした。

 

テッドの弟が存在し、

その弟がインタビューに

登場したのは驚きました。

似ても似つかぬ不細工(苦笑)

兄弟でここまで違うかと

感じました…

しかし彼も誰とも関わらずに

転々とする生き方をしている。

 

テッド・バンディと関わった

誰もが不幸になっている。

幸せな人は誰一人いない、

そして全てが明らかに

されていない殺人が

電気椅子で死んだ今もまだある…

 

2020年 16+

シーズン1 エピソード5