合縁奇縁なり

妾の日常

書籍 悪医

f:id:terra510n9k:20210814171829j:image

著者、久坂部羊氏も

医学部卒の作家なので

本に登場する医者もとても

リアリティーがあると感じた📚️

初めて久坂部羊氏の本を読んだが

あっという間に引き込まれて

あっという間に読むと言う感じだった

 

もう手の施し様がない癌患者と

それを告げる医師の物語。

どんどん話が進んでいく📚️

 

見捨てられた患者の怒りに

とても共感出来るところがあった…

たらい回し、心ない言葉、

口に出さなくとも目に滲む気持ち、

そんなものにやたら気づいてしまう時

自分の具合の悪さと、

またあの目と言う気持ちに

胸が締め付けられる思いを

何度も経験しているので、

病気は違えど同じことを考えるのが

患者なんだなぁと…強く感じた。

それから医師と患者の溝についても

とても共感出来るところが多かった。

 

この本は2014年に

日本医療小説大賞を受賞している📚️

とても読みやすい本なので

ぜひお勧めしたい1冊がまた増えた📚️