合縁奇縁なり

妾の日常

書籍 安楽死を遂げるまで


f:id:terra510n9k:20201124184056j:image

読み終えて随分経ちます📖

途中から自分には

内容が薄いと感じました👀

何故なら沢山の死を目にしてきて

著者の様にショックを受けないから。

 

日本人、外国人問わず、

長年、病気に苦しんだ人が

自分の「死」を決める権利を持って

何がいけないのか?と私は思う🤔

 

そこの考えが著者とは違っていて

取材された側である方、

安楽死を手助けしている側の立場で

読むので逆に著者は、

何故こんなに動揺したり

考えたりするのかと感じた…

 

きっと辛い病気を、現代では

完治不能な病を経験した者にしか

安楽死を肯定的に捉えられない」

のだ、と思う🤔

耐え難い痛みや、治る事のない病気、

きっとそれを抱えながら生きている人は

まだ自分の事を自分で出来る状態の内に

あるいは最高の思い出の後に

最高の気分の状態で死にたいと願う。

 

その気持ちが手に取る様にわかる。

 

こう言う事を言うと、

「そんなにネガティブな事を言わないで」

とか、簡単にネガティブと言う人がいる。

 

ネガティブ?これのどこがネガティブ?

真っ正面から逃げずに、恐れずに、

「死」を受け止めているだけだ。

 

涙ながらに「死にたくない」なんて

メソメソしてないし、

悲しくなんてないのだ。

自分の体が動く内に…

自分の頭で判断出来る内に…

死ぬ日を決める、そして、

それに法的に認められた医師や

警察の手続きがついてくる。

なんと言う「幸福」だろうか!!!!

 

そこに更に臓器移植等が

含まれれば無駄死にすることなく

社会貢献までして死ねる。

そんな事が出来る国に

日本も早くなる事を望む私です。

 

延命を拒否したとしても

病気で入院して、治療され、

入院した状態で苦しみ、

死ぬまで生かされる様を

散々見てきました👀

あれは「治療ではない」

あれは「尊厳死ではない」

ただの「苦しみでしかない」んです。

 

 

 

terra510n9k.hateblo.jp

 

 

terra510n9k.hateblo.jp