合縁奇縁なり

妾の日常

漢方処方が合わない…

この間から行ってる漢方薬探しの為の病院🏥

4日目で漢方が合わず飲むのを止めた…

現在行くかどうか迷っている…
f:id:terra510n9k:20200320032713j:image

独特の先生で私の不調を書き出した紙は

一切出番がなかった…

それどころか話をすることもなく、

触診といくつかの返事だけ。

私は「はい」と何度か言っただけだった。

 

それで出された漢方をとりあえず飲んで

2週間経ったらまた来なさいと言うもの。

 

どうなんだろうか…疑問が残る。

漢方の大先生なんだから

ある程度の症状に合わせた

漢方処方してるはずだとは思う…

しかし横隔膜に張りがあると言われて

ここから治さないとと診断。

 

私の現在抱えてる辛い症状には一切触れない…

と、言う事で辛さは緩和せず漢方服用し

合わず服用止め、現在に至る…

せっかく主治医の先生に

紹介状書いてもらったのだから

もう少し頑張って通うか…

それとも合わないと

主治医の先生に戻るか…

少し迷っている🤔

 

自分が思うに

「これからまた一から探していく」

は、散々やって来たんだから、やりたくない。

ある程度の「固定症状」を何とかしたいのだ。

 

それを全て一からやっていくって言われると

正直、体は日々変わるし(女性の生理等)

現在ある症状の緩和を最優先に考えながら

処方してもらわないと困る💦

そんなに長い時間を割けないと感じる…

効くか効かないか確率の問題だから

確率の高い漢方薬を処方して欲しいと

強く願うのは患者の願いじゃないかな…と🤔

ちょっと意見して何か言われるのは嫌だし

どう接していいか分からない先生って

ぶっちゃけ困る…

久しぶりのパターンの先生です

良い悪いも含めて

合う合わない先生って

人間だから必ずいる…

 

以前、線維筋痛症の治療をかなり深く

いろんな角度で治療してた頃に

田中角栄氏の本をたまたま読んでいて

「星状神経節ブロック注射」にたどり着いた💉

ありとあらゆる本をとにかく読み漁っていた頃

わずかな希望を胸に訪れた医師に

線維筋痛症は認めない、気の病」と

酷い事を付け加えられ、吐き捨てられ、

涙ながらにその場を去った記憶がある…

 

現在の医療現場でも、たまにある事で、

否定された患者はどこへ行けばいいのか?

医師から否定されるって「死ね」と

言われている事と同じことだと思う…

 

とても傷ついてさらに症状が悪化する

そんな状況を医師自ら作り出す場がまだある。

そんな事を平気でする医師も多々いる😰

それが現状なんだ。

 

だから先生との相性や薬との相性や

いろんな事で疲れきってる患者が

出来る事なんてしれていて…

先生に辛さを泣きながらでも

話すことくらいしか出来ない時もある。

 

泣きながら話す事が出来なくて

家で寝ているしか出来ない事だって

あるんだから…😰

 

患者はそれを強く訴える事は出来ないし

皆に理解されないところはここにある。

 

この気候、春独特の気圧の上下で

毎日体は悲鳴を上げていて

死にたいくらい体が中から痛い。

この症状を緩和して欲しいだけなんだ…( TДT)

 

 

 

 

 

terra510n9k.hateblo.jp