合縁奇縁なり

妾の日常

薬と医師、そして患者。


f:id:terra510n9k:20200304163945j:image

シクレソニドが効果あるのは

とても明るいニュースだと思う💡 

花粉症薬で喘息の薬が認可され始めたのは

随分前の事になります💊

家族が服用してたこともあります👍

花粉症の症状から咳喘息のような症状が

出る人が結構多いらしく、それを抑えるため。

 

風邪で酷い咳に陥った時に

吸入を受けた事って誰でもあると思うけど。

吸入ってやり過ぎると効かなくなっちゃうし 

ある程度は続けてやる事も大切だし

本当に医師のさじ加減一つで患者が

楽にその症状を乗り越えて行けるかがある。

「医師は腕」だ👀

そして「人間性も持ち合わせている人」👀

 

HIV薬を投与されてた人が

いるとニュースで知ったが( ̄∇ ̄;)

怖いと感じた…((( ;゚Д゚)))

新しいウイルス等に対してある程度の

「人体実験的なこと」は大切ではあると思う

どの薬が有効に効くかは飲んでみないと

分からないからだ…。

しかしコロナウイルスに対して

HIV薬を投与って…(-_-;)

何となく素人でも方向性が違う気がするし

体へのダメージや副作用が強すぎて

弱った体によく投与したなと感じる…

 

がん治療だってそうだ…

毛が抜けてしまうくらい強い劇薬を

体に投与しなければならない…

叔母のがん治療を間近で見て

その怖さを知った…👀

 

きちんとした医師ばかりではないと思う

現在の医療現場であり得ないと思う事

をする医師ってかなり多い。

自分もたまたま当たった事があるけど…

何されるか分からないし、怖い。

人の体に対して何とも思ってないから…

 

体に入ってから個人差があって

どの様に変化していくか未知数なウイルス、

それに立ち向かっていくために

最低限、医師と病院くらいは

自分の側であって欲しいと思う…。

 

今回はどんな経緯があって抗HIV薬を

使ったのか分からないし、

素人から見た「ただの感想」でしかない。

でも私だったら嫌だって言うかな…

 

ここまで語って来て、

「薬は治るためのものではなくて」

「あくまでも、辛い症状を緩和するためのもの」

 

治るには「自己治癒力」なんだってことが

分かってる人達の方が多い事を願いたい(-_-;)

 

未だに風邪薬飲んで風邪が治ってるとか

悲しいことを言う人がたまにいる…💧

「休養が大切なのは治癒力を高めるため」だ。

 

きちんと休養しない限り

何の病気でも万病の元になる。