合縁奇縁なり

妾の日常

スイッチがonになる時

私が止まっている時は大体具合悪い時。

凄くちゃんとした療養が必要で

自宅待機で寝ているか、病院で治療か

どちらかだと思う👀

f:id:terra510n9k:20191210131438j:imagef:id:terra510n9k:20191210131449j:image

上の状態くらいのレベル( ̄∇ ̄;)

しかし最近この様な状態が少なく

ほぼ無かった…

今年に入り寝込むのは

2回目で短期間で済んでいる

その2回も大体は1回の様なもので 

今回の血尿出るほどの膀胱炎になる前に

きちんとケアしていたら、

おそらく寝込んでなかったと思う…

 

1日2回の💊を1回に減らしていたのも

原因だと思う…

この寒さがあるかぎり

冬場はきちんと2回💊を飲まないと

やってられない…( ̄∇ ̄;)

痛くて体が悲鳴を上げただけ。

 

しかし以前はそれすら出来なかった…

やっぱり結論を言うと少しずつだけど

良くはなっているところにたどり着く。

 

自分が具合悪く寝込んで何も出来ない時

私は何をやってるんだろうと…

涙が出るときがある( TДT)

 

大した人生じゃないが、

消費してるだけで何も生み出さない

愚かな人間で生きている意味が

見いだせなくなる。

そんな時がある…

 

そんな中でいると

ある一定のコネクションが強くなって

切っていたスイッチがonになるんだと思う

 

私の精神と言うか、魂、想いなどが

強く「生」ではなく「死」に傾いた時に

大体それが起こる。自分自身では、

波長が合ってしまうんだと思っている

いつも強く「生のエネルギー」に

満ち溢れているわけではないが

夕を育ててからあまり

「死にたい」とは思わなくなった… 

痛みから解放される為に死にたいと

考える訳だけど、この子を誰が世話するの?

と考えると、夕が生を全うするまで

私は生きねばならぬと感じるのだ…

 

その事についてはまた改めて書く✏️

 

とにかく死に意識が傾くと

見たくないものを見たり、感じたりする

 

今回眠れずに椅子での仮眠中

寝ているのか現実なのか狭間の状態で

2回女性と話している…

相手は誰だか分からない…

椅子にもたれてガクンとなった瞬間

背もたれの所に立っていた…

頭をシャンプーする感じで抱えられ

何か言っていた…

 

不思議なのは声は

正面側から聞こえてくる…

怖くはない、でも、知り合いでもない?

知り合いなのか?分からない。

 

とても小さな声で呟いていて 

空気清浄機の音にかき消されていた…

 

よく耳を澄まして声を聴こうとする

おそらく彼女はこう言ったんだと思う

「ここにいるから、手放しなさい」 

「ここにあるから、手放しなさい」

前後はよく聞こえなかった…

首が痛くて耐えられず

体を起こそうとして

ふっと消えてしまったのだ…

 

それからいろんな事がスッキリして

執着されてる人は構わない事に決めた

私が執着してる人はいない。

未練があったのは共に過ごした時間。

 

7年以上になる関係を手放す事が

とても悲しく、裏切られた気分で

とても傷ついたし、腹が立っていた…

 

しかし

一つ確信したのは、

言語は違えど…

「この人になら話しても大丈夫」

って私は思われるらしいと言うこと…

 

何故か人に言えない様な事を

聞く機会にぶち当たるし、

その立場に立たされる。

今回もそれだったが、

 

ぶっちゃけ( ̄∇ ̄;)

相手が勝手に

「この人になら話しても大丈夫」

って思っても、こちらはそれを

「受け入れられない時もある」

 

これに尽きる…( ̄∇ ̄;)

 

 

また一緒に勉強出来る

ネイティブを探して、

英語の勉強を続けようと思う📝

少しずつだけど、上達してるんだから…

 

私が英語を勉強してるのは

英語が好きで、自分のため、

誰のためでもないし、

誰かが好きだからじゃない。

 

 

terra510n9k.hateblo.jp